算数科授業づくりシリーズ<br> 愉しい「算数新聞」をつくろう―「楽しさ」とはどういうことか

個数:
  • ポイントキャンペーン

算数科授業づくりシリーズ
愉しい「算数新聞」をつくろう―「楽しさ」とはどういうことか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月03日 18時42分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 92p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784491017358
  • NDC分類 375.412

内容説明

活動の中に起きた子どもの変容を子ども自身が感得できるようにしたい。その具体的手立てとして「算数新聞」を取り上げ、活動の楽しさを味わう授業を目指した。学級の相互作用を活性化させ、論理的な思考力や表現力を高め豊かにし、愉しい評価活動でもある。

目次

1 「楽しさ」とは何か(おもしろたのし;「おもしろたのし」の三つの特徴 ほか)
2 「算数新聞」なのだ(嬉しかった子どものノート;よくわかんないよ、教えて ほか)
3 なぜ「算数新聞」なのか(「いいね」を知らせたい;「ほめる」とはどういうことか ほか)
4 「算数新聞」の意義(「算数新聞」は何なのだ;本当の評価の意味と「算数新聞」 ほか)

著者紹介

黒沢俊二[クロサワシュンジ]
東京学芸大学大学院教育学研究科教育心理学講座修了。東京都練馬区立旭町小学校教諭などを経て現在、東京学芸大学教育学部附属世田谷小学校教諭