悪と日本人

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784487801817
  • NDC分類 160.4
  • Cコード C0014

内容説明

人間の心になぜ「悪」が生じるのか?悪人は果たして救われるのか?日本人にとって宗教とはいったい何か?島田裕巳、吉本隆明、平野啓一郎との核心に迫った対談も収録。

目次

第1章 悪と虚無
第2章 宗教の自殺―善悪の二元論を超えるために
第3章 神なき時代の信仰―「善悪」の世界から「無」のかなたへ
第4章 オウム事件―救済とテロリズム・対談・島田裕巳
第5章 悪人はどこまで救われるのか―親鸞思想をめぐって・対談・吉本隆明
第6章 信仰とエロティシズム―対談・平野啓一郎

著者等紹介

山折哲雄[ヤマオリテツオ]
1931年、サンフランシスコで生まれ、岩手県花巻市で育つ。宗教学者。東北大学文学部卒業。国立歴史民俗博物館教授、国際日本文化研究センター教授、同所長などを歴任。主な著書に、『愛欲の精神史』(小学館/和辻哲郎文化賞受賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

磁石

6
日本人にとって重要なのは、信じるべきものが疑わしいものになってしまったことではなく、善悪の区別をつけることでもない。大事なのは、何もかもを感じ取れなくなってしまうこと。無常観とか一切空無とか言ったニヒリズムに非常に近しい考え方を持っているけど、それを自分にも適用しようとは思わない。それは、ごちゃまぜで分からなくてもいいから自分の心身に溶かしこんで一体になって、切り離された独りであることを辞めたいがため。混ざり合ったそこは、倫理が入り込むことができない赤ん坊の世界であるため、善も悪もどうでもよくなる。2014/09/10

deerglove

1
山折先生曰く、親鸞の言う極悪人が救われる二つの条件とは、懺悔と教師だと。ほー。また、吉本隆明との対談では、吉本さんから親鸞は浄土の解体者であり、宗教の解体者だとの言葉も引き出しています。俄然、親鸞への興味が湧いてきました。2016/01/14

マウンテンゴリラ

1
日本人には善悪の観念が薄いというのは本当かもしれない。子供の頃からの経験を振り返ってみても、一応社会的な善悪のようなものは教えられてきたような気はするが、家族や友人と本音で善悪に関して語り合った記憶もないし、周りにそのような習慣があったという記憶もない。結局、宗教的に超越的な神を持たない日本人にとって、善悪論とは建前論に過ぎないのかもしれない。だからこそ、善悪を超えた信頼関係に基づいた社会を築いてきたのであるが、それさえ失い元来善悪観念の薄い個人に分解していくのが今の日本人の姿であるかもしれない。2012/12/14

林克也

0
折口信夫、宮沢賢治、村上春樹、食べることと性との関係、そして宗教との関係、キリスト教は二者択一、アジアの多神、ピエタ像は母子相姦、両性具有、といといろと、しかも最近の自分の読書傾向との一致。良かった。2010/02/26

都人

0
仏教とキリスト教。その中での善と悪。日本人の宗教観とオウム・・・含蓄のある内容2010/03/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/424084

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。