深沢七郎ラプソディ

  • ポイントキャンペーン

深沢七郎ラプソディ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 265p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784484942148
  • NDC分類 910.268

内容説明

「屁のように生まれ」、誤解にまみれて世を去った伝説の作家・深沢七郎。日本人の原風景とされる「楢山節考」・「笛吹川」を生んだ風土とその生きざまを追いつめる初の本格的評伝。第三回開高健賞奨励賞受賞。

目次

謡曲『鵜飼』
屁と同じように生まれる
自分と他人
ギターも小説も「病気」
『椿姫』・『騎士グリューとマノン・レスコーの物語』
弾くことと書くこと
ははそばの母
ジミー・川上と桃原青二
「山の中のような」小説
〈こしらえもの〉の村―『楢山節考』
救済としての楢山まいり
『東北の神武たち』
『笛吹川』
七郎像の虚と実
七郎の女性観
『東京のプリンスたち』
『風流夢譚』
流浪の旅
白鳥の死
『甲州子守唄』
人間嫌いと「晴耕雨音」
「百姓」志願
『死にそこなったの記』
饗応と吝嗇
「夢屋エレジー」
ニヒリズムを超えて
『みちのくの人形たち』
七郎の楢山まいり