恋愛力―「モテる人」はここがちがう

電子版価格 ¥972
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

恋愛力―「モテる人」はここがちがう

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784480816429
  • NDC分類 159

内容説明

『セカチュー』『いま、会い』の主人公、「電車男」、村上春樹の小説の「僕」、「冬のソナタ」のヨン様、「光源氏」等に学ぶ、モテる「コメント力」とは?思わずその気にさせる言葉のチカラ。これであなたも、ちょいモテ男。

目次

第1章 「恋愛力」は、なぜ必要か(「色好み」は男の品格と言われた時代;日本女性が抱える二つの大きな不満 ほか)
第2章 村上春樹作品にみるドライ&クールな「恋愛力」(「恋愛力」のバイブル、『風の歌を聴け』;あたり前のコメントを避ける技『1973年のピンボール』 ほか)
第3章 『冬のソナタ』に見る天下無敵の純愛「恋愛力」(節目節目を大事にするチュンサンの恋愛力;恋愛偏差値の高い男、ミニョンの「恋愛力」 ほか)
第4章 『金閣寺』『三四郎』『源氏物語』にみるレアな「恋愛力」(『金閣寺』に見る「だめんず恋愛力」;三四郎のどこが「恋愛力」不足か? ほか)
第5章 普通の人にもまねできる「恋愛力」の基本技(『いま、会いにゆきます』にみる「送受信」の「恋愛力」;『電車男』にみるステップ・バイ・ステップの「恋愛力」 ほか)

出版社内容情報

「恋愛力」は「コメント力」だ! 村上春樹の小説や『世界の中心で愛を叫ぶ』の主人公、「冬のソナタ」のヨン様から「光源氏」はては「電車男」まで、恋愛力の高い男たちのセリフを分析。どんな場面でどうコメントすれば、女性の心をつかめるのか? 気のきいた会話が苦手でデートが盛り上がらず、いつもフラれてばっかりのあなたに「言葉のチカラ」伝授します。「恋愛力」が身につけば、ビジネスでもモテること間違いなし!?