魚は海の中で眠れるが鳥は空の中では眠れない

個数:
  • ポイントキャンペーン

魚は海の中で眠れるが鳥は空の中では眠れない

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 11時27分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 220p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784480815125
  • NDC分類 914.6

内容説明

何度も同じものと闘う。誰もが逃げられない、生きている限り続く試行錯誤をとらえた小説魂あふれるエッセイ集。

目次

馬のいななきみたいなアドリブ
私を伐らないで
魚は海の中で眠れるが鳥は空の中では眠れない
何度読んでも記憶できない
石のように寸分の余地もなく詰まっている
私は軋轢を墓碑銘としよう
人類はもう長くない
人は死なない
静的な読書ができない
馬鹿は放っておこう〔ほか〕

著者紹介

保坂和志[ホサカカズシ]
1956年、山梨県生まれ。鎌倉で育つ。早稲田大学政治経済学部卒業。90年『プレーンソング』でデビュー。93年『草の上の朝食』で野間文芸新人賞、95年『この人の閾』で芥川賞、97年『季節の記憶』で谷崎潤一郎賞、平林たい子文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件