ガミガミ女とスーダラ男

個数:
  • ポイントキャンペーン

ガミガミ女とスーダラ男

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月04日 02時45分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 203p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784480815064
  • NDC分類 916

内容説明

おちゃらけ者でシモネタ好きの夫。妻のイライラはつのるばかり。日常的に激しいバトルを繰り返すが、なぜか赤ん坊も生まれて…。夫婦という不可思議な関係をユーモラスに綴った、風変わりな「愛」の物語。

目次

就寝前の甘いひととき
シアサッテの人
出血!
出血!その後
watching movies
保育園
にっくき百日咳
痛みについての考察
夏!
新車購入
屁についての考察

忍野八海
性的人間
ペペジ誕生1
ペペジ誕生2
ママ友
ゆく年くる年の過ごし方
ママはテンパリスト
陰毛についての考察
ポポジ&ペペジ
最低の日曜日
黒ださんのこと
スーダラ男とは

著者紹介

椰月美智子[ヤズキミチコ]
1970年、神奈川県生まれ。『十二歳』(講談社)で2002年、講談社児童文学新人賞を受賞してデビュー。『しずかな日々』(講談社)で、07年、野間児童文芸賞、08年、坪田譲治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

おちゃらけ者でシモネタ好きの夫。妻のイライラはつのるばかり。バトルを繰り返すのだが、なぜか赤ん坊も。抱腹絶倒の夫婦喧嘩物語。