ちくまプリマー新書<br> 虹の西洋美術史

個数:

ちくまプリマー新書
虹の西洋美術史

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年10月16日 18時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 205p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480688910
  • NDC分類 723
  • Cコード C0270

内容説明

夢の架け橋?希望の予兆?それとも、はかなさや空しさの象徴か。人は虹を見て、何を考え、想像したか。絵に描かれた数々の虹の意味を読み解く、西洋美術史の入門書。

目次

天の贈り物―ノアの虹
虹の女神―イリス
神の玉座―黙示録の虹
女王の虹―権力の象徴
色の饗宴―ルーベンスの虹
ニュートン礼讃
シャボン玉のなかの虹
反ニュートン
崇高なる虹
滝にかかる虹
虹の詩学―ターナー
科学と芸術の間で―コンスタブル
内なる光を求めて―ラファエル前派
虹のパレット
虹の音色

著者等紹介

岡田温司[オカダアツシ]
1954年広島県生まれ。1978年京都大学文学部卒業、1985年同大学大学院博士課程修了。岡山大学助教授を経て、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。西洋美術史・思想史専攻。『モランディとその時代』で吉田秀和賞、『フロイトのイタリア』で読売文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

出現の不思議さや美しい姿から、古代より思想・科学・芸術・文学のテーマとなってきた虹。西洋美術でその虹がどのように捉えられ描かれてきたのかを読み解く。