• ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
サルトル

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 191p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480087942
  • NDC分類 135.5

内容説明

哲学はもとより、評論・小説・戯曲、そして何より「行動」でその思想を展開した20世紀最大の哲学者ジャン=ポール・サルトル。現象学を学び、実存主義を打ち立て、マルクス主義に走り、後にそのマルクス主義とも訣別した激動の生涯からは、どのような思考が浮き彫りになるのか。また、『嘔吐』『存在と無』を取り上げるとともに、不安・自己欺瞞・他者・根源的投企などのサルトル独自の思想を、ウィットに富んだイラストでわかりやすくも大胆に解説する画期的入門書。用語解説・文献目録・年譜などの付録つき。

目次

ジャン=ポール・サルトルとは誰か?
実存主義
現象学
『自我の超越』
『嘔吐』
存在と無
「実存主義はヒューマニズムである」
弁証法的理性批判

著者紹介

パルマー,ドナルド・D.[パルマー,ドナルドD.][Palmer,Donald D.]
カリフォルニア大学バークレー校、スペインのナヴァラ大学で学位を取得。現在、カリフォルニア州のカレッジ・オブ・マリンで教鞭を執る

沢田直[サワダナオ]
1959年、東京生まれ。法政大学文学部哲学科卒業。パリ大学哲学博士。現在、白百合女子大学教授