ちくま学芸文庫<br> 身体の中世

  • ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
身体の中世

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 402p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480086662
  • NDC分類 230.4

内容説明

どの時代にもまして、身体を媒介として世界と関わったヨーロッパ中世。この時代、身体の各部位には多彩なメタファーが盛り込まれており、また、身体表現・感情表現には極めて重層的な社会的意味がこめられていた。アナール学派の研究をふまえつつ、多数の図像を用いて、「からだ」と「こころ」に向けられた中世ヨーロッパの視線から、色鮮やかな人間観を緻密に描きだす。

目次

1 身体コミュニケーション(身振りのシンボリズム;ダンスのイメージ ほか)
2 身体に関する知・メタファー・迷信(ミクロコスモス=マクロコスモス;「聖なる」からだと「穢れた」からだ ほか)
3 からだの「狂い」とこころの「狂い」(病気―罪の結果か受難の印か;狂気―悪魔憑きか神の使者か ほか)
4 感情表現の諸相(聖と俗の泣き笑い;嫉妬と羞恥―人間関係が生みだす情動 ほか)
5 五感の歴史(視覚―色彩と風景の台頭;聴覚―日常生活における音 ほか)

著者紹介

池上俊一[イケガミシュンイチ]
1956年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科西洋史学専攻博士課程中退。フランス国立社会科学高等研究院留学。現在、東京大学助教授。西洋中世史専攻