ちくま学芸文庫<br> 江藤淳コレクション〈2〉エセー

  • ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
江藤淳コレクション〈2〉エセー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 594p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480086525
  • NDC分類 918.68

内容説明

昭和を代表する批評家・江藤淳にとって、「戦後」とは何であったのか。母、祖母など自らの一族の来歴を丹念に辿り、その生を浮き彫りにする「一族再会」、アメリカから帰国した著者夫妻が日本で居を定めるまでの心の渇きを綴る「日本と私」、批評家にいたるまでを生い立ちに見出す「文学と私」、早世した作家との交情を描く「山川方夫と私」、人生における最も大切な記憶を語った「渚ホテルの朝食」などエセーを収録。記憶は今、ふたたび喚びおこされなければならない。

目次

夜の紅茶(抄)
西御門雑記(抄)
日本と私
文学と私
短い青春
山川方夫と私
場所と私
渚ホテルの朝食(抄)

著者紹介

江藤淳[エトウジュン]
1933年生まれ、文芸評論家。1957年、慶応義塾大学卒業。1956年、結核療養中に『夏目漱石』を執筆、1958年『奴隷の思想を排す』で新進評論家としての地位を確立。1962年より2年間在米。1976年、芸術院賞受賞。1999年没

福田和也[フクダカズヤ]
1960年生まれ。慶応義塾大学大学院修士課程修了。現在、慶応義塾大学環境情報学部助教授