ちくま学芸文庫<br> 「在日」という根拠

  • ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
「在日」という根拠

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 333p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480082213
  • NDC分類 910.26

内容説明

欧米に追いつこうと急拵えした近代日本。いまだ重くのしかかる“家”。その歪みの中で個人はその位置をどう見出せばいいのか―この明治以来の大問題を日本人以上に鋭く、根源的に突きつけられたのは、「在日」朝鮮人、とりわけその二世、三世たちである。日本の戦後的な生の様式の中で、彼らの存在がはらんでいる現在的な意味を、李恢成、金石範、金鶴泳らの作品から摘出し、新たな可能性の地平へと解きひらく。

目次

「在日」という根拠―李恢成、金石範、金鶴泳
苦しみの由来
沈みゆくものの光景
「在日」ということ
三つの名前について
「在日」文学にみる「民族」の今―『流域へ』と「ほんとうの夏」
主観としての普通、客観としての在日―姜信子『ごく普通の在日韓国人』〔ほか〕