• ポイントキャンペーン

ちくま文庫
ぼくらは下町探険隊

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 309p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480038005
  • NDC分類 291.36

内容説明

第一部は、東京都江東区木場の小学校五年生、東川壮一君が、1990年の木場から佃、築地、浅草、日暮里、隅田川、門前仲町…などの下町を探険して歩いた記録。第二部は、それから11年後、なぎら健壱による、さらに変わりゆく下町の、歴史と現在を再探訪する旅。子供向けに書かれた「ぼくらは下町たんけん隊」に、書き下ろしの第二部と写真を大幅に増補した、なぎら健壱の下町歩き決定版。

目次

第1部 ぼくらは下町たんけん隊―一九九〇年東川壮一君編(プロローグ―らんかんだけの橋;佃から築地へ;浅草あたり;日暮里かいわい;隅田川をのぼる ほか)
第2部 『ぼくらは下町たんけん隊』を歩く―二〇〇二年(『らんかんだけの橋』;『佃から築地へ』;『浅草あたり』;『日暮里かいわい』;『隅田川をのぼる』 ほか)

著者紹介

なぎら健壱[ナギラケンイチ]
1952年、東京木挽町に生まれる。70年の中津川フォーク・ジャンボリーに「怪盗ゴールデンバットの唄」で飛び入り出演、デビュー。72年ファーストアルバム『万年床』をリリース。以後、ライブのほか映画、テレビ、ラジオでも活躍