• ポイントキャンペーン

ちくま文庫
東京おもひで草

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 269p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480037565
  • NDC分類 914.6

内容説明

変化が激しく、これまでの生活が次々に過去へと押しやられていく都市・東京では、ついこのあいだまであった風景が、次々と消えていく。佃島の船溜りや人形町の路地など、東京にところどころ残っている“昔”の姿や小説や映画の中に描かれている古き良き東京の姿を綴ったエッセイ38篇を収録。

目次

プロローグ 失われた町の香り
第1部 「お散歩に行かないこと?」
第2部 都電に乗ってデパートへ
第3部 Shall Weカメラ?
第4部 「町っ子」、町を描く
第5部 お化け煙突と佃の渡しと
第6部 「良い子の住んでる良い町は」
第7部 ただいま「普請中」
エピローグ 銀座裏に橋が残っていた

著者紹介

川本三郎[カワモトサブロウ]
1944年、東京生まれ。東京大学法学部卒。評論家(映画・文学・都市)。『大正幻影』で、サントリー学芸賞受賞。主な著書に『荷風と東京』(読売文学賞受賞)などがある