• ポイントキャンペーン

ちくま文庫
田中小実昌エッセイ・コレクション〈3〉映画

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 379p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480037435
  • NDC分類 914.6

内容説明

昼間は映画、夜は酒、ほかになにかすることあるの?浅草、銀座、川崎と、映画館のあるところならどこへでも出没するシネマディクト田中小実昌が、今日も今日とてバスに乗り込み、芸術映画からポルノ映画までありとあらゆる映画を観戦する!名画座が林立していた時代の資料としても貴重な証言。

目次

第1章 1964~1965(息子を信じる前にごらんなさい;題名に苦労した「怒りと響きの戦場」 ほか)
第2章 1974~1976(首がないと美人にならないのかナ;訛りもぜいたくのうち ほか)
第3章 1977~1980(ウィドマークの「スクワーム」;バスか映画か ほか)
第4章 1979~1982(ガード下の映画館;今日は、どちらのポルノを? ほか)
第5章 1977~1988(ぼくのB級映画館地図;せっせと映画を ほか)
第6章 1988~1990(浅草の劇場;渋谷の映画館 ほか)

著者紹介

田中小実昌[タナカコミマサ]
1925年東京生まれ。東京大学文学部哲学科中退。バーテン、香具師などを転々とする。H・チェイス、R・チャンドラー、C・ブラウンの名訳で知られる。「浪曲師朝日丸の話」「ミミのこと」で第80回直木賞、『ポロポロ』で第15回谷崎潤一郎賞を受賞。2000年2月アメリカで客死

大庭萱朗[オオバカヤアキ]
1962年北海道生まれ。出版社勤務を経て、文芸評論家・フリー編集者として活躍中