ちくま文庫<br> 現代ヤクザ録

  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
現代ヤクザ録

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 294p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480036254
  • NDC分類 368.5

内容説明

暴対法、長期化する不況の影響をうけ、裏社会に何が起っているのか?絶えることのない抗争、危ぶまれるマフィア化の進行、市民社会をも侵食する拳銃・覚せい剤。裏社会にも押し寄せる高齢化・情報化の波。ヤクザ冬の時代ともいうべき現代を生きる男たちが考えていることは?ヤクザ取材の最前線で活躍する著者が送る最新リポート。

目次

第1章 土壇場のヤクザたち(土壇場に見る侠気;土壇場の覚悟;ある親分の最期 ほか)
第2章 ヤクザ社会うらおもて(仲裁人、“時の氏神”たち;ヤクザにとって貫目とは?;一家・会・組のちがいとは? ほか)
第3章 裏社会レポート(親分の条件;ヤクザ社会最大行事とは?;博徒とテキヤの平和共存への道のり ほか)

著者紹介

山平重樹[ヤマダイラシゲキ]
1953年山形県生まれ。法政大学卒業。フリーライターとして活躍中。アウトロー物を得意とする。著書に『モロッコの辰』『愚連隊の元祖 万年東一』『新宿の帝王 加納貢』『私設銀座警察』(幻冬舎アウトロー文庫)などの愚連隊列伝シリーズ、『残侠』『北海道水滸伝』(双葉文庫)など多数がある