ちくま文庫<br> 正直な誤診のはなし

  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
正直な誤診のはなし

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 234p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480035134
  • NDC分類 492

内容説明

恐るべき“誤診”、しかしそれは医師の側からはごく日常的な経験でもある。事件が報道されるたびに評論が行なわれるけれども、医療側の非を告発するのみであったり、医療環境や制度の欠陥の指摘はあっても抽象的である。本書は地域病院の一臨床医として、自由な立場から誤診や医療ミスの正直な実情、過程を明らかにし、誤診を生まないために患者と医師との共同の努力を語る。

目次

正直な誤診のはなし(大学病院とて誤診する;駆けだし時代の失敗―誤診心理学 ほか)
私の誤診論(臨床医にとって誤診とは;誤診の実情とその背景 ほか)
誤診と患者の人権(はじめに―推理小説「十五人の殺人者たち」より;診断の過程と患者の人権 ほか)
患者さんとの対話(誤診されないための医者へのかかり方―患者側からの情報提供;診察室で―連載「私の主治医」より)