ちくま文庫<br> 豆腐の如く―融通無我のすすめ

  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
豆腐の如く―融通無我のすすめ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 246p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784480034229
  • NDC分類 159

内容説明

俳人・荻原井泉水の随筆「豆腐」は、豆腐を擬人化し、その「人格」を讃えている。これに強い共感を覚えた著者は、生来の豆腐好きも手伝って「豆腐の如く生きよ」と、熱心に説く。その柔軟さ、協調性、意外な芯の強さなど、人生のあらゆる場面で「豆腐の如く」は生きてくる。これは豆腐に借りた人生論か、また、人生になぞらえた豆腐論か、よく解らないところがまことに面白い。上質のユーモアにみちたエッセーである。

目次

プロローグ 世の中が脂っこいから、いま豆腐がうまい
第1章 しまりがあって軟らか
第2章 煮ても焼いてもよろしく
第3章 和して味さまざま
エピローグ 騰々、天真に任す