日本神話の深層心理―アマテラス・スサノヲ オホクニヌシの役割

個数:
  • ポイントキャンペーン

日本神話の深層心理―アマテラス・スサノヲ オホクニヌシの役割

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 07時46分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 216p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784479840756
  • NDC分類 164.1

内容説明

「神話」は日本文化と日本人にどう作用したか?日本神話の三大神、アマテラス、スサノヲ、オホクニヌシの本質、性格、心を分析し、世界神話と比較しつつその魅力と価値を読み解く。

目次

アマテラスの慈悲(生まれてすぐ天界の女王になったアマテラス;世界の神話に語られている神々の王たちの戦い ほか)
太母への愛に駆られ続けたスサノヲ(スサノヲの乱暴と天の岩屋戸の前でされた祭り;アマテラスに悪意を持っていなかったことの証明 ほか)
女神たちに熱愛されたオホクニヌシ(一目惚れして妻になったヤカミヒメとスセリビメ;アフロディテに熱愛されたアドニスとの酷似 ほか)
オホクニヌシの「国作り」(スクナビコナが協力した「国作り」;スクナビコナとの別れと大物主との出会い ほか)
オホクニヌシの国譲りと天孫の降臨(地上にまず遣わされたアメノホヒとアメワカヒコ;最後に派遣されたタケミカヅチの活躍 ほか)

著者紹介

吉田敦彦[ヨシダアツヒコ]
1934年、東京生。学習院大学名誉教授。成蹊大学政治経済学部卒業。東京大学大学院文学部西洋古典専攻課程修了後、フランス国立科学研究センター時代に比較神話学の指導を受ける。日本神話に見られる三機能体系についての研究、日本神話の神々と印欧神話の神々との比較研究など神話研究に新しい光を当てた。『ギリシァ文化の深層』でサントリー学芸賞(1984年度)を受賞。日本神話、ギリシァ神話に関する著作の他、縄文人の宗教や文化に関する著作でも知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

国作り神話の三大神、アマテラス、スサノヲ、オオクニヌシの本質、性格、心を分析し、新たな魅力を、世界神話と比較しつつ読み解く。