「日本」という国―歴史と人間の再発見

個数:
  • ポイントキャンペーン

「日本」という国―歴史と人間の再発見

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 23時15分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 218p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784479840589
  • NDC分類 210.04

内容説明

日本の現在を憂うる哲学者と歴史学者が、深く広い視点から歴史を論じ、見直すことで、“この国と人”の未来を熱く語る。

目次

歴史研究をめぐる出会い
日本の神々
ローカルでグローバルに歴史をみる
滅びゆくものへの視線
歴史をつくった人びと
解けない謎「聖徳太子」
天皇と女帝
明治以後の日本
二一世紀はどうあるべきか
アジアの中の日本の役割
共生と循環の思想

著者紹介

梅原猛[ウメハラタケシ]
1925年、宮城県生まれ。哲学者。京都大学文学部哲学科卒業。立命館大学教授、京都市立芸術大学学長、国際日本文化研究センター所長などを歴任。92年、文化功労者。99年文化勲章受賞。文学・歴史学・民俗学・宗教学などの分野を縦横に駆け、縄文から近代までを捉えた「日本文化」を解明した論考は「梅原日本学」と呼ばれる

上田正昭[ウエダマサアキ]
1927年、兵庫県生まれ、京都西陣出身。歴史学者。京都大学名誉教授。京都大学文学部史学科卒業。京都大学教授、大阪女子大学学長などを歴任。中国西北大学名誉教授。アジア史学会会長。京都市文化功労者。京都府文化特別功労賞。大阪文化賞。福岡アジア文化賞。2000年、南方熊楠賞受賞。日本古代史を中心に神話学、民俗学なども視野に入れ、広く東アジア的視点をもって歴史を究明する