すべての仕事は「肯定」から始まる

個数:
電子版価格 ¥1,209
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

すべての仕事は「肯定」から始まる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 04時38分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784479794851
  • NDC分類 159

目次

「よくまとまっている」のワナ―フォーマットを疑え!
仕事は「自己実現」なのか?―「働くこと」をどう捉えるか
人と違ったことをやってやろう?―クリエイティブと野心
「独り悶々」の時間―壁を意識したときの思考法
企画が通らないときの「自分」の壊し方―仕事に完成形はない だから面白い
ためにならないことを考える―「力の抜き方」を知る
もっと抽象的に言ってください!?―「具体的」より使える思考法
本質はどこにある?―上司と闘う「自分」に酔う前に
時間が解決してくれることもある―「ハマらない」ほど戦力になる
意識化が「仕事の筋肉」になる―新人時代の経験の“深み”とは?
必ずこれのみと断定するな―みんな同じ青を見ているの?
「12歳の自分」を思い出せ―仕事の進め方と「個性」
30年もつ仕事の方法―すべての仕事は「肯定」から始まる

著者紹介

丸山俊一[マルヤマシュンイチ]
1962年長野県松本市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、NHK入局。甲府放送局、衛星放送局、制作局教養番組部ディレクター、文化・福祉番組部チーフ・プロデューサーなどを経て、現在、編成局エグゼクティブ・プロデューサー。早稲田大学、東京藝術大学、明治学院大学で非常勤講師を歴任。社会学、映像論など講義する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件