60歳から下手な生き方はしたくない―老いを愉しめる人、愉しめない人

個数:
  • ポイントキャンペーン

60歳から下手な生き方はしたくない―老いを愉しめる人、愉しめない人

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 238p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784479794042
  • NDC分類 159

内容説明

敬老される人と敬遠される人の違いはどこか?人生の醍醐味は、60代以降にあり!群れない、こもらない、アテにしない―川北流「老いの品格」

目次

第1章 老けない人はここが違う(もっとわがままに生きていい;老後の信用は大きな財産 ほか)
第2章 アテにしない生き方(いつまでも「してもらえる」と思うな;何でも年のせいにするな ほか)
第3章 定年後を愉しめる人、愉しめない人(「読書はもっとも簡単な若返りの法である」;手書きの効用を忘れてはいけない ほか)
第4章 死ぬまで自分を見失わない(誘われてばかりいてはダメだ;プラス思考のクセをつけなさい ほか)

著者紹介

川北義則[カワキタヨシノリ]
1935年、大阪生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、東京スポーツ新聞社に入社。文化部長、出版部長を歴任後、日本クリエート社を設立。著作家として、すでに100冊以上の著書があり、エッセイを主に執筆、講演活動を行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)