僕が電通を辞める日に絶対伝えたかった79の仕事の話

個数:
電子版価格 ¥1,209
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

僕が電通を辞める日に絶対伝えたかった79の仕事の話

  • 本田 亮【著】
  • 価格 ¥1,512(本体¥1,400)
  • 大和書房(2013/04発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 28pt
  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784479793847
  • NDC分類 159

内容説明

自分の欠点は、すべて無視していい!電通で語り継がれる本田流仕事の極意。

目次

1章 会議やプレゼンで「何」をするか?
2章 企画を考えるコツ
3章 心が折れるような失敗をしたときは
4章 できる人は「ここ」が違う
5章 時間管理のツボ!
6章 ちょっとのことで大きな差がつく「仕事の習慣」

著者紹介

本田亮[ホンダリョウ]
1953年、東京生まれ。ケニアで結婚、娘2人はシドニー在住。元電通・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター。「ピッカピカの1年生」(小学館)から「こだまでしょうか?」(AC)に至るまで、多くのテレビCMを企画制作する。同時にサラリーマン転覆隊隊長として世界中の川を旅し、その体験談を雑誌で連載。環境マンガ家としても活動。「エコノザウルスの環境漫画展」を全国展開してきた。現在、国連WFP協会理事も務める。CMプランナーではカンヌ銀賞、写真家でAPA賞、マンガ家で読売国際漫画大賞、社会貢献活動でJC地球環境大賞など、様々な受賞歴あり(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)