だいわ文庫<br> 男が人生で捨てていいものいけないもの

個数:

だいわ文庫
男が人生で捨てていいものいけないもの

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月25日 15時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 221p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784479304746
  • NDC分類 159
  • Cコード C0195

内容説明

人には生きていくうえで、絶対に必要なものと厄介な荷物になるものがある。案外、この見極めはむずかしい。仕事、恋愛、家庭、趣味、美学…本物の大人になる「生き方」論の決定版!

目次

第1章 「心の持ち方」を知る(いま持っていない荷物のことは考えない;人を憎むのは、やめたほうがいい ほか)
第2章 魅力ある人の作法(ふだんの行いがその人をつくる;ゆとりがないと判断が鈍る ほか)
第3章 仕事に筋を通す(どんなときでも挑戦する気持ちが必要;顰蹙を買ってでも上を狙え ほか)
第4章 この品格が人をつくる(みっともないことをしない;人間だけが「恥ずかしさ」を持っている ほか)

著者紹介

川北義則[カワキタヨシノリ]
1935年大阪生まれ。1958年慶應義塾大学経済学部卒業後、東京スポーツ新聞社に入社。文化部長、出版部長を歴任後、1977年に日本クリエート社を設立。現在、出版プロデューサーとして活躍するとともに、生活経済評論家として新聞、雑誌などに執筆、講演活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)