淡交新書<br> 中国・韓国やきものと茶文化をめぐる旅

個数:

淡交新書
中国・韓国やきものと茶文化をめぐる旅

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年03月26日 01時28分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 239p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784473040275
  • NDC分類 383.8

内容説明

中国・韓国・ベトナム・タイにおける、茶の湯に関わる窯跡、やきもの、茶樹、そして喫茶文化について、長年にわたり実際に旅して言及した研究者でしか語れない、学術書ではない紀行的内容。その懐の深くて広い事項を、気軽に楽しみながら理解でき、惹かれていくことでしょう。

目次

第1章 中国の旅(茶の起源と田螺山遺跡;景邁村の古茶樹園 ほか)
第2章 韓国の旅(韓国の茶文化;井戸茶碗のふるさと;法基里窯―日本向けの茶碗を作った窯 ほか)
第3章 ベトナムとタイの旅(ベトナムの茶文化;ベトナムのやきもの;タイのやきもの)

著者紹介

谷晃[タニアキラ]
昭和19年(1944)、愛知県に生まれる。京都大学史学科卒業。芸術学博士。専攻は茶の湯文化学。香雪美術館を経て、現在、野村美術館館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

中国・韓国・ベトナム・タイにおける、やきものや茶文化について、実見した事柄を現地で撮りためた写真を豊富に用いて語る。

〈茶の湯に関わる、中国・韓国・ベトナム・タイのやきものを垣間見る〉
〈中国・韓国・ベトナム・タイの茶文化紀行〉

中国・韓国・ベトナム・タイで焼成されたやきものについて、著者が長年研究を続ける茶の湯をベースとして、日本が受け容れた製品を生産した場所(窯跡)にしぼって訪問するとともに、各地に生育する古茶樹や現地で飲まれる茶とその文化のあり様について、実見した事柄を現地で撮りためた写真を豊富に用いながら、最新事情を織り込んで、優しくかつ軽快に語る紀行文的内容となっています。最前線の研究者が実見したホンモノの実情が垣間見れることでしょう。

【著者紹介】
野村美術館館長