利休の風景

個数:
電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

利休の風景

  • 山本 兼一【著】
  • 価格 ¥1,620(本体¥1,500)
  • 淡交社(2012/12発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 30pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月06日 01時51分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784473038470
  • NDC分類 791.2

内容説明

『利休にたずねよ』の作者が浮き彫りにした、情熱の人千利休とその時代。

目次

侘びと艶
末期から始まる
恋―命の芽吹き
悟りと執着
大胆であること
異端のダイナミズム
レトリックの達人
鳥篭の水入
紹鴎の教え
珠光の戒め〔ほか〕

著者紹介

山本兼一[ヤマモトケンイチ]
昭和31(1956)年、京都市生まれ。同志社大学卒業後、出版社勤務、フリーランスのライターを経て作家になる。平成14(2002)年、『戦国秘録 白鷹伝』(祥伝社)でデビュー。平成16年、『火天の城』(文藝春秋)で第十一回松本清張賞を受賞。平成20年、『利休にたずねよ』(PHP研究所)で第一四〇回直木賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

これまで誰も語らなかった、若き日の利休の恋とは? その死の真相とは? 十五代樂吉左衞門氏と待庵で行った対談も集録。

〈『利休にたずねよ』の著者が描く、茶聖・利休の心象とその素顔〉
〈利休の美意識を追い求めた果てに見えたもの〉
平成22年、23年の月刊誌『淡交』での連載を単行本化。作家・山本兼一氏が小説『利休にたずねよ』の取材を通して出会った利休ゆかりの茶道具、茶室、茶庭などについて綴ったエッセイ集。いくつもの情景から利休の心の深奥へと踏み込んで人間・利休の輪郭を炙りだしていきます。これまで誰も語らなかった若き日の利休の恋とは? その死の真相とは? 巻末には十五代樂吉左衞門氏と待庵で行った対談も収録。