京都猫町ブルース―甲斐扶佐義写真集

個数:
電子版価格 ¥982
  • 電書あり

京都猫町ブルース―甲斐扶佐義写真集

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 159p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784473037688
  • NDC分類 748

内容説明

京都の喫茶「ほんやら洞」には、「ビート詩人や関西フォークの拠点」と呼ばれる以外の伝説もある。国際派写真家が、その内のひとつ「美女と猫の喫茶」伝説の一端を明らかにすると同時に、京都の野良猫との出会いを披露する。ネガストック百数十万コマを有する甲斐の猫写真の決定版。

目次

1 ほんやら洞の詩
2 猫町のバーレスク
3 猫のブルース、私のブルース
4 森ゆかば、川ゆかば

著者紹介

甲斐扶佐義[カイフサヨシ]
1949年大分市生まれ。京都の同志社大学へ入学するが、大学は即除籍となり、反戦運動に関わるようになる。1972年仲間とともに喫茶店「ほんやら洞」を開店。地域住民の生活ぶりをスナップ写真に収め、写真集を出版。1978年鴨川べりで、「あなたも写っていませんか?写っている方には最終日にタダでさしあげます」という大規模青空写真展を4年間で21回開催。1985年バー「八文字屋」を開店。1997~98年京都大学研究員として、隠れユダヤ教徒(マラーノ)のコミュニティの痕跡を求め、ヨーロッパ各地を撮影(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

笑う猫、泣く猫、歌う猫・・・。京都に住まう様々な猫たちのすがたをとらえた写文集。

〈ブルーでアンニュイな猫の姿を切りとった大人の猫本〉
〈京の猫にはブルースがよく似合う〉
「あの」ほんやら洞に出入りする猫・人のブルージーなショットから、路地裏を夜ごと徘徊するアウトサイダーな猫、人とともに生きながらも慣れ合うことを良しとしない猫、京都の自然の中で生きていくことを選んだ猫など、かわいいだけではない渋い猫のすがたが詰まった、大人のための猫本。

【著者紹介】
ほんやら堂主人