書を味わう―鑑賞の手引きとくずし字解

個数:

書を味わう―鑑賞の手引きとくずし字解

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 223p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784473036698
  • NDC分類 728

内容説明

「文字は読むもの」という固定観念をつくがえし、絵のように書を鑑賞するためのヒントが満載。くずし字を解読するテクニックを伝授。

目次

第1章 絵のように読み解く楽しみ
第2章 画賛物の妙と粋
第3章 茶掛けの書を楽しむ
第4章 漢字の表情、和様の情緒
第5章 仮名の情緒と美しさを探る
第6章 仮名の個性美を愛でる
第7章 方寸の世界―三色紙
第8章 書と料紙との共演
第9章 くずし字解読のテクニック

著者紹介

笠嶋忠幸[カサシマタダユキ]
昭和41年(1966)、福井県生まれ。東京学芸大学教育学部特別教員養成課程(書道)卒。学習院大学大学院人文科学研究科博士前期課程(美学美術史)修了。現在、出光美術館学芸課長代理。このほか、明治学院大学、成城大学、学習院女子大学などで講師をつとめる。専攻は日本美術史。書と絵画の関係をあらゆる角度から分析してゆく、独自の解説が好評を博している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)