熊野、修験の道を往く―「大峯奥駈」完全踏破

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

熊野、修験の道を往く―「大峯奥駈」完全踏破

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年10月15日 10時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 214p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784473032508
  • NDC分類 188.59
  • Cコード C0014

内容説明

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産に登録された年、12日間全長240キロを踏破する山岳修行に挑んだフォトジャーナリスト渾身のルポルタージュ。

目次

プロローグ 金剛蔵王大権現
第1章 吉野山・山伏問答―修験道とは何か(一日目)
第2章 大峯奥通り―前鬼へ(二~四日目)
第3章 笙の窟と二つの裏行場
第4章 さらに南へ、熊野へ(五~八日目)
第5章 熊野古道、三山詣(九~一二日目)
第6章 現代の修験者群像
エピローグ 信不信をえらばず
おわりに 滑落事故の「受難論」

著者等紹介

藤田庄市[フジタショウイチ]
フォトジャーナリスト。日本写真家協会会員。1947年東京生まれ。大正大学文学部哲学科で宗教学を専攻。宗教取材に従事。各地の霊山をルポして二五年。大峯は1981年より奥駈などを含め、山上参りを欠かさない。日本各地のさまざまな修験道、千日回峰行などを自らカメラを持って取材。現代のカルト問題にも鋭く切り込んでいる
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

世界遺産熊野古道を踏破する「大峯奥駈修行」。このルポをベースに考古・歴史・文学を踏まえ修験道の何たるかを描く。また参加した修験者の群像にも迫る一冊。