買ってはいけない家 長野県限定版―長野県の小さな工務店に住宅のプロが見学にやっ来る

個数:
  • ポイントキャンペーン

買ってはいけない家 長野県限定版―長野県の小さな工務店に住宅のプロが見学にやっ来る

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 201p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784434155987
  • NDC分類 365.3

内容説明

似たような家なのに家の値段が一千万円も違う…その時あなたはどうしますか?幸せになるための家づくりで不幸になってはいけない。身の丈にあった計画にしなさい。安心な資金計画は金融機関でも教えてくれないなどの“親父の小言”。

目次

序章 家を持つ意味―目的があいまいなまま建ててしまうのは「買ってはいけない家」
第1章 間取りetc。―「私は素人なのでプランはお任せします」というのは「買ってはいけない家」
第2章 資金―業者・銀行に勧められた資金計画で建てるのは「買ってはいけない家」
第3章 業者選び―材料と職人以外にお金を使い過ぎるのは「買ってはいけない家」
第4章 商談―相見積りでヘトヘトになっているのは「買ってはいけない家」
第5章 着工前の打ち合わせ―10年後に流行遅れになるのは「買ってはいけない家」
第6章 建築工事―顔も名前も知らない職人が建てるのは「買ってはいけない家」
第7章 引渡し後のトラブル―建てた後で心配になるのは「売ってはいけない家」

著者紹介

富永孝夫[トミナガタカオ]
株式会社エルハウス代表取締役、信州建築職人会代表。1952年、長野県上伊那郡中川村生まれ。現在、諏訪郡富士見町に妻と娘、愛犬と暮らす。行列ができるスーパー工務店エルハウスの代表取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)