豊能郡ダイオキシン騒動記

個数:
  • ポイントキャンペーン

豊能郡ダイオキシン騒動記

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 09時46分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 158p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434153853
  • NDC分類 519.7

内容説明

平成12年から8年間、豊能町長を務めた著者が今、日本一有名になった能勢町のごと焼却施設のダイオキシン問題を振り返る。

目次

わたしが町議会議員になったルーツは
町長選挙に立候補した経緯
就任早々、前町長の公文書を突き付けられて
ダイオキシン騒動は、平成9年6月、新聞報道から始まった
ダイオキシン発生のルーツは平成4年に遡る
高濃度のダイオキシンはどのようにして発生したのか
施設周辺が高濃度の不思議
美化センターの敷地は借地だった
厚生省が国費でダイオキシン処理を発表
1枚のメモ書きから〔ほか〕

著者紹介

日下纓子[クサカエイコ]
昭和14年11月兵庫県芦屋市にて誕生。昭和33年3月兵庫県立鳴尾高校卒業。昭和53年3月大阪府豊能郡豊能町の住民となる。平成元年9月豊能町町議会議員当選。平成12年9月豊能町町議会議員引退。平成12年10月豊能町町長に当選。同時に豊能郡環境施設組合管理者となる。平成20年10月豊能町長並びに管理者を引退。平成22年春「旭日双光賞」叙勲受章。現在、日本消費生活コンサルタント、NPO法人成年後見支援普及センター、(トムテ)評議委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)