ヤバイ日本を生き抜け!カネの常識

個数:
  • ポイントキャンペーン

ヤバイ日本を生き抜け!カネの常識

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 08時50分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 219p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434153839
  • NDC分類 591

内容説明

長期不況、賃金カット、リストラ、失業、ワーキングプア、無縁社会…。数え上げたらキリがない、国民が直面しているヤバイ現実。本書では「カネの常識」を中心テーマに、“ケチ”とはひと味違った“賢約家”になるための方法を紹介。

目次

第1章 カネから見える!21世紀ニッポンの真実(“ヤバイ現実”をサバイブするために;どのくらいヤバイのか―国のサイフをチェック! ほか)
第2章 「稼ぐ」ための常識(われわれは何のために「働く」のか;日本経済の黄金時代と企業戦士たち ほか)
第3章 「貯める」ための常識(デフレ時代―借金を放置すると資産は減少する;銀行の最大のメリットは“安全性” ほか)
第4章 「増やす」ための常識(金融経済のグローバル化で高まる「投資リスク」;投資では“売り手の論理”に乗せられるな! ほか)
第5章 「使う」ための常識(3つのカテゴリーから生活を捉えなおす;「OS」が決める「ハード」と「ソフト」の価値 ほか)

著者紹介

赤坂佑介[アカサカユウスケ]
愛知県出身。1988年、九州大学文学部卒。印刷会社・広告プロダクション・広告代理店のコピーライターを経て、2001年フリーのライターとして独立。現在、ビジネス・経済等の分野で活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)