重度高齢障害者の闘いと奮戦の日記―脳梗塞とのつきあい方

個数:
  • ポイントキャンペーン

重度高齢障害者の闘いと奮戦の日記―脳梗塞とのつきあい方

  • 高須 智雄【著】
  • 価格 ¥1,296(本体¥1,200)
  • 牧歌舎(2011/01発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 24pt
  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 175p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434153631
  • NDC分類 916

内容説明

突然、襲われた脳梗塞によって「重度高齢障害者」となった著者が、まったくの自由の利かない身体から、リハビリをかさね、パソコンを使いわずかに動く手によって記した日々の記録。法制化も含め、脳卒中・脳梗塞をめぐり様々に議論がされるなか、自らの経験に基づき、医療・介護のあり方、この病とのつきあい方を綴る。

目次

倒れるまでの当日の行動
パソコンで体験を人に伝える行為
経過と夢と現実のギャップ
第二の人生のあり方
福祉、看護を考える人達と身障者のこれから
現状における高齢化社会の「問題点」とは
これしかないのか?(リハビリの方法)
二年間たった時点のまとめ
病状改善とリハビリのこれからと、日本の福祉のありかた
ようやく、二〇〇九年末頃にわかった病状
在宅治療の始まり
障害の内容を考える
今の障害レベルを整理する
目的・目標の追加と障害の功罪
あらためて橋部の細部を見る
何からチャレンジしたか
次の一手をさがす
私のリクレーションで思うこと
法改正に思うこと
日記の中断理由