ここが中心、ここが果て―地方記者の勝手コラム

個数:
  • ポイントキャンペーン

ここが中心、ここが果て―地方記者の勝手コラム

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434152450
  • NDC分類 914.6

内容説明

地方だってニッポンだ。三重の地で「地域づくり・まちづくりの応援団」を旗印に地方紙記者生活33年の著者が感じ・思い・考えた胸いっぱいのコラム集。

目次

雨の木
平谷正倉院
要人警護、あるSP氏
伊賀蕭白
最後の鯨
ありがとう
義理チョコ・本チョコ
貧乏人は大学へ行け
望郷・アラブ篇
梨売りのおばさん〔ほか〕

著者紹介

西田久光[ニシダヒサミツ]
1949年三重県紀北町紀伊長島区生。68年鈴鹿高専中退。76年夕刊新伊勢新聞社、三重タイムズ社を経て97年三重ふるさと新聞創刊、社長兼編集長。08年10月より会長。元中部日本潜水連盟理事長、89年CMAS世界水中連盟総会日本開催組織委員会委員、みえ歴史街道構想津地域推進協議会監事、都市環境ゼミナール幹事、岩田川物語の会副会長、NHK大河ドラマ「藤堂高虎」を誘致する会世話人代表。平成元年度三重県文学新人賞、平成18年度津市文化奨励賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)