トヨタの連結財務情報の読み方

  • ポイントキャンペーン

トヨタの連結財務情報の読み方

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 195p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784433379889
  • NDC分類 336.92

目次

第1章 本書の概要
第2章 トヨタの連結財表における25年間の利益業績の推移とその財務分析
第3章 トヨタの地域別セグメント情報に関する開示とその財務分析
第4章 トヨタの地域別セグメント情報(最近の10年間)に関する財務分析
第5章 会計基準の相違による連結キャッシュ・フロー計算書数値の変容についての考察―SEC基準採用に伴うトヨタ自動車株式会社の事例に学ぶ
第6章 トヨタの連結キャッシュ・フロー計算書(SEC基準による)についての財務分析
第7章 トヨタのSEC基準による連結貸借対照表及び連結株主持分計算書における最近10年間の財務業績の推移とその財務分析
第8章 トヨタの連結財務諸表(SEC基準による)における販売金融情報の役割とその関連の財務分析
第9章 トヨタの連結貸借対照表(SEC基準による)における販売金融関連での金融セグメントの役割
第10章 トヨタの最新連結財務情報(平成20年3月期を中心として)の概要と整理

著者紹介

末政芳信[スエマサヨシノブ]
昭和25年関西大学商学部卒、昭和27年同大学院修士課程修了。昭和24年公認会計士第2次試験合格、昭和28年同第3次試験合格(のち、公認会計士登録)。昭和28年関西大学助手、専任講師、助教授を経て、昭和43年同教授、昭和51年関西大学商学部長。昭和58年関西大学商学博士。昭和61年関西大学大学院部長。平成10年関西大学定年後、関西大学名誉教授。現在、関西大学名誉教授(公認会計士)、愛知工業大学非常勤講師、京都監査法人顧問(中央監査法人大阪事務所元顧問)。著書に、『利益図表の展開』(昭和54年、国元書房、昭和55年度日本公認会計士協会学術賞受賞)、『IBM社のセグメント財務情報』(平成5年、同文舘、平成6年度日本会計研究学会太田賞受賞)、『ソニーの連結財務情報第2部 財務分析編』(平成13年、清文社、平成14年度日本経営分析学会賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)