上智大学中世思想研究所紀要<br> 中世の学問観

上智大学中世思想研究所紀要
中世の学問観

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A6判/ページ数 368,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784423170885
  • NDC分類 132.04

目次

1 アウグスティヌスと学問―『キリスト教の教え』を中心に
2 ラバヌス・マウルスとその修道院霊性文化
3 ドイツのルペルトとその学問論
4 コンシュのギヨームにおける学問の擁護
5 サン=ヴィクトルのフーゴーにおける学問体系
6 ドミニクス・グンディサリヌスの学問分類―西洋十二世紀におけるその思想革新の一側面
7 ソールズベリのジョンの学問観
8 マイモニデスとその『迷える者の手引き』
9 ロジャー・ベーコンの学問観
10 トマス・アクィナスにおける学問論―『ボエティウス・三位一体論註解』を中心にして
11 スコトゥスとオッカムにおける学問観―神学の学問性をめぐって
12 ジャン・フロアサールの歴史観と心性