• ポイントキャンペーン

本の国の王様

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 275p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784422932163
  • NDC分類 024.8

内容説明

リチャード・ブースは、世界最大の古書ディーラーとみなされる人物。イギリスの小さな田舎町ヘイ・オン・ワイを史上初の「古書の町」につくりあげ、その後ヨーロッパをはじめ各国で「古書の町」運動を展開。世界各地をめぐる本探しの旅、業界に集う風変わりな人々、地方再生への熱い思いをつづる。さらにヘイの独立宣言と国王就任、皇帝就任などユーモラスに描く。社会の画一化が進む中、彼の自由な精神は異彩を放っている。

目次

「古書の町」誕生
仕入れ開始
わが一族
混乱の少年時代
ひきさかれた忠誠心
本探しの旅
さらに本を求めて
バカしかやらない仕事
激動の七〇年代
独立宣言
窮鼠、猫をかむ
田舎の再生
ライバル出現
三番目の妻ホープ
「開発」との闘い
フランスに「古書の村」
「古書の町」運動、世界に広がる
国王、病に倒れる
皇帝誕生

著者紹介

ブース,リチャード[ブース,リチャード][Booth,Richard]
世界最大の古書ディーラーとみなされる人物。イギリスの田舎町ヘイ・オン・ワンを史上初の「古書の町」につくりあげ、その後ヨーロッパ各国で「古書の町」運動を展開

東真理子[アズママリコ]
大阪市立大学文学部史学地理学科西洋史コース卒。ニューヨーク州立大学大学院修士課程修了。千里国際学園大阪国際文化中学校高等学校教諭等を経て、現在、大阪電気通信大学非常勤講師

出版社内容情報

☆2006年1月15日 日経新聞書評欄で紹介されました。評者逢坂剛氏。

【解説】
英国ウェールズの静かな田舎町ヘイ・オン・ワイに世界的に知られる「古書の町」が出現した。仕掛け人はウィリアム・ブース。オックスフォード大学出身のエリートなのに古本好きが高じての結果。あくなき古本収集への熱意とイギリスやアメリカの古書界事情、さらには地方の自然と伝統文化を守るべく開発行政に反乱を起こし、独立宣言、国王に就任したいきさつ(現在は皇帝)などをユーモラスに語る。産経新聞7カ月連載の本。

【目次】
1「古書の町」誕生
2 仕入れ開始
3 わが一族
4 混乱の少年時代
5 ひきさかれた忠誠心
6 本探しの旅
7 さらに本を求めて
8 バカしかやらない仕事
9 激動の七〇年代
10 独立宣言
11 窮鼠、猫をかむ
12 田舎の再生
13 ライバル出現
14 三番目の妻ホープ
15 「開発」との闘い
16 フランスに「古書の村」
17 「古書の町」運動、世界に広がる
18 国王、病に倒れる
19 皇帝誕生