中勘助の恋

  • ポイントキャンペーン

中勘助の恋

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 385p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784422930268
  • NDC分類 910.268

内容説明

夏目漱石、野上弥生子、安倍能成、岩波茂雄…。そしてより身近な人びと―。勘助をとりまくさまざまな想いを通して創作の真実を明らかにする。書き下ろし評伝。

目次

1章 美しい母と「娘」―江木万世と妙子
2章 「娘」と「父」の変容―猪谷妙子
3章 短く長い三十五年の生―『猪谷妙子伝』と『妙子への手紙』
4章 兄と「姉」
結婚―鎮魂と再生のために
5章 『銀の匙』の背景
6章 『銀の匙』―「男らしさ」のない世界
8章 漱石と勘助の文学―『銀の匙』の評価をめぐって
9章 愛と家族制度―『提婆達多』から『犬』へ
10章 「女の子」たちと独居時代
11章 〈愛読者〉と日記体随筆

出版社内容情報

【解説】
今,岩波文庫の「心に残る」本の1位に輝く『銀の匙』。何が人を惹きつけるのか。生涯を通じて色濃くまつわる女性達に焦点をあて,作家と作品の秘密に迫る。読売文学賞受賞。