レオン・ロッシュの選択 幕末日本とフランス外交―駐日フランス公使レオン・ロッシュは、なぜ、落日の幕府に肩入れしたのか?

  • ポイントキャンペーン

レオン・ロッシュの選択 幕末日本とフランス外交―駐日フランス公使レオン・ロッシュは、なぜ、落日の幕府に肩入れしたのか?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 285p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784422201375
  • NDC分類 210.59

内容説明

徳川慶喜はフランスの資本と技術を導入して横須賀に製鉄所をつくり、フランス式陸軍をつくり、内閣制を敷き、徳川絶対主義体制をつくろうとする。これを背後で指導したのが駐日フランス公使レオン・ロッシュであった。フランス外務省資料館に所在するロッシュの報告書を読み解いて、その心のうちに分け入り、ロッシュの選択の道筋をたどる。

目次

第1章 開国後の日仏関係と両国の事情
第2章 日仏関係の深まり
第3章 幕府支援の深入り
第4章 慶喜・ロッシュの二人三脚
第5章 幕府支援政策の破綻
第6章 新旧政権の交替
第7章 解任の余波

出版社内容情報

【解説】
財政を再建して洋式軍備を整える。それを早く達成したものが幕末日本を制する。徳川絶対主義体制をつくるため,指導した駐日フランス公使レオン・ロッシュの道筋をたどる。