• ポイントキャンペーン

財務諸表論の考え方 (第3版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 361p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784419043759
  • NDC分類 336.92

内容説明

財務諸表論の背後には、一つ一つ、なぜそうするのかという理由があります。その理由をいっしょに覚えれば、財務諸表論を暗記科目から解放できます。

目次

会計の仕事―フローの計算か、ストックの計算か
損益法と財産法
P/LとB/Sはどのようにして作られるか
会計と法規制
トライアングル体制
企業会計原則の役割
一般原則
一般原則―もう1つの解釈
原価主義会計と時価主義会計
資産の分類(流動・固定分類;貨幣性・非貨幣性分類) 〔ほか〕

著者紹介

田中弘[タナカヒロシ]
1943年、札幌で生まれる。早稲田大学商学部を卒業後、同大学大学院で会計学を学ぶ。博士課程を修了後、愛知学院大学商学部講師・助教授・教授。1993年より、神奈川大学経済学部教授。「イギリス会計制度の研究」で早稲田大学より商学博士。1994年から1997年まで公認会計士2次試験委員。2000‐2001年、ロンドン大学(LSE)客員教授

出版社内容情報

現代会計の第一人者による財務諸表論ガイドの最新版。暗記ではなく、「こういうことだったのか!!」という理解を目指します。