原点復帰の会計学―通説を読み直す (第2版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

原点復帰の会計学―通説を読み直す (第2版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月03日 14時16分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 315p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784419041168
  • NDC分類 336.9

内容説明

本書は、会計の世界にある天動説や地球平面説をあぶりだそうというもの。会計の論理とか会計の基準とかいっても、多くは実務をルーツにしたものであり、少し冷静に考えてみると、その論拠も怪しげであったり、あちこち、矛盾するものであったりしている。本書のねらいは、そうした論理性のない実務や矛盾をあばきだして、会計の理論を構築するための、素朴な会計観をうち立てようとするものである。

目次

プロローグ 会計の世界は「なぜ」だらけ「なぞ」だらけ
第1章 コンセプチャル・フレームワーク論とピースミール・アプローチ論
第2章 真実性の原則は誤解されていないか
第3章 継続性の原則は会計のアキレス腱か
第4章 経理は自由か不自由か
第5章 利益は発生するか―未実現利益の怪
第6章 債務超過の判定と資産の評価基準
第7章 会計ディスクロージャーの本質とわが国の会計制度
第8章 お題目の日本型会計ディスクロージャー
第9章 会社のガン告知―公認会計士の仕事
第10章 間違いだらけの時価会計
第11章 ギャンブラーたちのアメリカ会計
エピローグ 原点復帰の会計学

著者紹介

田中弘[タナカヒロシ]
神奈川大学教授・商学博士。公認会計士二次試験委員、大蔵省保険審議会法制懇談会委員、郵政省簡易保険経理研究会座長、大蔵省保険経理フォローアップ研究会座長、大蔵省支払保証制度研究会委員、ロンドン大学客員教授、国際会計研究学会理事、日本会計研究学会評議員などを歴任