• ポイントキャンペーン

要説法人税法〈平成14年度版〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 484p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784419040109
  • NDC分類 345.3

内容説明

法人税法には、その表面的な複雑さとは別に、基本的な考え方が常に底を貫いており、これを理解することができれば、その時からおそらく、法人税法はやさしくなる。したがって、この基本的な考え方の理解こそが、法人税法の学習上最も重要なポイントであるということになる。そこで本書は、法人税法のしくみを体系的に把握したい方に計算例と要点メモを配し簡潔な記述によって法人税法の基本的な要点を余すところなく、きちんとした構成で理解することができるユニークな税理士試験受験者向けの標準テキストである。

目次

第1編 総論(法人税の概要と性格;法人税の納税義務 ほか)
第2編 各事業年度の所得に対する法人税(課税所得の計算に関する通則;組織再編成税制 ほか)
第3編 各連結事業年度の連結所得に対する法人税(単体納税制度と連結納税制度;わが国の連結納税制度の概要)
第4編 清算所得に対する法人税(解散の場合の清算所得;税額の計算 ほか)
第5編 その他(青色申告;期限後申告及び修正申告 ほか)

著者紹介

渡辺淑夫[ワタナベヨシオ]
青山学院大学名誉教授。藍野学院短期大学客員教授。渡辺研究室主宰。明治大学商学部卒業。国税庁特別審理室、同審理課課長補佐、同法人税課課長補佐、東京国税局調査部統括国税調査官、同国際調査課長、同調査審理課長、同直税部国税訟務官室長、東京国税不服審判所第三部長、芝税務署長、青山学院大学経営学部教授等を経て現職。第43回~第45回税理士試験試験委員、建設産業経理事務士試験制度委員、農業協同組合監査士資格試験試験委員