• ポイントキャンペーン

税理士試験 出題頻度別簿記論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/高さ 26cm
  • 商品コード 9784419040000

内容説明

本書は、第42回(平成4年度)以降の税理士試験の簿記論で出題された範囲をすべて網羅し、しかも出題の形式もなるたけそのままにしてある。これまでの税理士試験の簿記論の出題傾向とその範囲・難易度は十分に把握できる。

目次

現金預金
債権・債務
有価証券
商品
特殊販売
固定資産
繰延資産
引当金(貸倒引当金を除く)
費用・収益の見越・繰延
税金
税効果会計
社債
資本金・余剰金・利益処分・中間配当
合併・買収・清算
外貨建取引等の為替換算
リース取引
本支店(本社・工場)会計
商的工業簿記
伝票・帳簿組織・決算・その他

著者紹介

渡部裕亘[ワタベヤスノブ]
1938年福島県生まれ。1960年中央大学商学部卒業。1965年中央大学大学院商学研究科博士課程単位取得。1962年中央大学商学部助手となり、専任講師、助教授を経て、現在教授