サービス企業原価計算論

個数:
  • ポイントキャンペーン

サービス企業原価計算論

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月10日 04時37分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 227p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784419039516
  • NDC分類 673.9

内容説明

本書では、サービス企業における原価計算の適用可能性、有用性について理論的考察を行い、サービス企業のいくつかの業種をとりあげてそれぞれの特性をふまえて、それらの業種に適切な原価計算を検討した。

目次

第1部 サービス企業原価計算の基礎(サービス企業原価計算の基本問題;用役給付の生産理論と原価理論;サービス企業の品質コストマネジメント)
第2部 業種別原価計算(海運業の原価―伝統的輸送形態を中心として;国際コンテナ輸送と原価計算;物流専業企業(倉庫業)の原価計算
航空輸送経営の原価計算 ほか)

著者紹介

小田切純子[オダギリジュンコ]
1952年岐阜県岐阜市に生まれる。1975年滋賀大学経済学部経営学科卒業。1979年神戸大学大学院経営学研究科博士後期課程退学。滋賀大学経済短期大学部助手、講師、助教授、経済学部助教授を経て、1998年滋賀大学経済学部教授、現在に至る

出版社内容情報

サービス企業に有効な原価計算の適用を考察。