会計学の座標軸

個数:
電子版価格 ¥2,592
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

会計学の座標軸

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 15時41分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 442p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784419037369
  • NDC分類 336.9

内容説明

会計は、生きた経済社会を映す鏡です。この鏡は、使いようによっては正直な姿を映すこともできますし、ゆがんだ心で映せば、ゆがんだ姿が映ります。「技術としての会計」には、思想も理念も倫理観もないので、使う人の思いどおりの姿を映し出すのです。会計という道具は、そこに、それを使う人の、会計思想、倫理観を吹き込まなければ、正しく使うことができません。本書は、「学としての会計」を学び、「会計観」を養うための本です。

目次

プロローグ―会計学の座標軸
日本会計のゆくえ―Glocal Accountingを求めて
日本の会計制度―「つまみ食い文化」からの脱却
鏡としての会計
会計制度改革と雇用破壊―タイミングを間違えた会計ビッグバン
確定決算主義における六つの大罪―努力する企業が報われる税制へ
企業会計原則の再評価
会計学の静態化
「外国で学ぶ」と「外国に学ぶ」
Creative Accountingとは何か
「ブランド会計」論争と会計学者のnightmare
実質優先主義の不思議―法を破ってもよいのか
エピローグ―「疑う」という会計思考

著者紹介

田中弘[タナカヒロシ]
神奈川大学教授・商学博士(早稲田大学)。公認会計士二次試験委員、大蔵省保険審議会法制懇談会委員、郵政省簡易保険経理研究会座長、大蔵省保険経理フォローアップ研究会座長、大蔵省支払保証制度研究会委員、国際会計研究学会理事、日本会計研究学会評議員などを歴任。2000‐2001年ロンドン大学(LSE)客員教授