母譲りのきもの―絆のきものを私らしく、お手入れとお直しのお洒落

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 136p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784418114153
  • NDC分類 593.1

内容説明

松飾りやお節の彩りとともに思い出す、紬に白い割烹着。桜吹雪の中で、黒羽織がきりりと晴れた入学式。大切なときを一緒に過ごした母のきもの姿は、切ないような懐かしさを感じさせる、特別な思い出です。母や祖母、親しい人に譲られたきものとともに過ごす、ほっこりした時間。自分色の小物を足して、着付けに工夫をして、または仕立て直しをして、母譲りのきもののお洒落、楽しんでみませんか。

目次

絆のきものを私らしく着こなす(祖母のきものを洋服感覚で着こなし、すっきりした帯合わせに 平井恵子さん;昭和のきものに、淡い色の織り帯をなじませて今風に 杉江あこさん;祖母や母の紬をラオスの半幅帯で。アジアの手織り同士の取り合わせ 江波戸玲子さん ほか)
ひと手間かけて、より心地よく装う(胴に別布ではぎを入れる 色で遊ぶ、私らしい着こなしはぎを入れ、裄を出す 横森美奈子さん;派手な羽織は帯に 大水和美さん;端切れまで使いきる 振袖の丸帯を付け帯に 真鍋温子さん ほか)
簡単お直しで、こんなにお洒落に(ひと手間かける前にきものの仕組みを知りましょう―きものはほどくと1枚の布になります;1枚の布に戻して洗います;布を甦らせる悉皆の仕事 ほか)

出版社内容情報

母のきものが私らしくお洒落な表情に。本書には大切な絆のきものを、素敵に着こなすヒントがたくさん詰まっています。

帯締めを一本替えるだけで、母のきものが私らしくお洒落な表情に。『母譲りのきもの』は、大切な絆のきものを、素敵に着こなすヒントがたくさん詰まっています。
コーディネートの実例、お手入れ&お直しの基本と手順がわかりやすく紹介されています。きものと帯の合わせ方で古いきものがモダンに変身、刺繍を一刺しするだけで、シミがお洒落なワンポイントに。譲られたきものを着てみたいけれど、どうしたらいいかわからないという初心者のかたにも、おすすめの一冊です。