康光流 詰将棋の極意 初段・二段・三段

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A6判/ページ数 317p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784415302201
  • NDC分類 796
  • Cコード C2076

内容説明

5手詰から13手詰まで。緻密でダイナミックな150題。

目次

第1章 5手詰問題―終局の極意(打ち換えの手筋;角柱のコンビネーション ほか)
第2章 7手詰問題―読みの極意(美濃の変形を攻略;金銀の巧みな技 ほか)
第3章 9手詰問題―妙手の極意(角の威力;穴熊を攻略 ほか)
第4章 11・13手詰問題―緻密の極意(角銀の使い方;実戦型を攻略 ほか)

著者等紹介

佐藤康光[サトウヤスミツ]
昭和44年10月1日生まれ、京都府出身。同57年、田中魁秀九段門下から6級で奨励会入り。同62年、四段に昇段。平成5年、七段で初タイトル「竜王」を獲得。平成8年に八段、平成10年に九段に昇段。平成14年から「棋聖」連続6期を獲得、永世棋聖となる。平成19年から「棋王」連続2期を獲得。タイトル戦登場/33回。タイトル獲得/竜王1期、名人2期、棋聖6期、棋王2期、王将1期、棋戦優勝9回。順位戦A級以上在位/13期(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。