「在日」と50年代文化運動―幻の詩誌『ヂンダレ』『カリオン』を読む

個数:

「在日」と50年代文化運動―幻の詩誌『ヂンダレ』『カリオン』を読む

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 215p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784409240878
  • NDC分類 911.52
  • Cコード C1036

内容説明

『ヂンダレ』『カリオン』というのは、1950年代の大阪で金時鐘を中心に発行されていた在日朝鮮人の詩誌である。梁石日の自伝的著作『修羅を生きる』などを通じて誌名と逸話のみが広く知られるようになった幻の詩誌であった…時代の流れを照射する貴重な遺産。

目次

1 シンポジウム・いま『ヂンダレ』『カリオン』をどう読むか(東アジア現代史のなかの『ヂンダレ』『カリオン』;“在日”の「原初のとき」をたずねて;『ヂンダレ』を声に出して読む ほか)
2 『ヂンダレ』『カリオン』の詩人たち(権敬沢という詩人;サークル詩運動とジェンダー―李静子の作品を読む;『ヂンダレ』における鄭仁―サークル詩と現代詩のあいだ ほか)
3 資料編(『ヂンダレ』『カリオン』創刊の辞;『ヂンダレ』『カリオン』詩作品抄;評論再録―『ヂンダレ』論争とその周辺 ほか)