日本の聖と賎 〈近世篇〉

日本の聖と賎 〈近世篇〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 341p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784409240205
  • NDC分類 361.8
  • Cコード C0036

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

松本直哉

26
各地の被差別部落の精力的な実地調査の報告が圧倒的。瀬戸内海の海の民、製鉄に携わる人々、サンガと呼ばれる山の民など、農民以外の職業ゆえに差別され続けた人々の歴史。昔の農民と今のサラリーマンは似ているかもしれない。どちらも国民の多数派を占め、前者は土地に、後者は会社に縛られて、そこから否応なく課税され、それゆえ為政者にとっては都合のいい、利用しやすい階層であること。逆に言うと昔の農民、今のサラリーマン以外の階層はいわば厄介者だということ。もちろん昔と今を単純に比べるわけにはいかないけれど(コメント欄に続く)2018/02/06

fseigojp

21
アジアの聖と賤、日本のそれ中世篇、日本のそれ近世篇、で三部作が完結と思ったら近代篇で完結でした この後は上原善広と赤松啓介の作品を集中的に読む予定2016/05/22

メーテル/草津仁秋斗

0
海の民、山の民の独自の生活、そして賤民文化と江戸文化の関わりを詳細に論じた本。江戸文化はその猥雑さが良いんだよなあ、としみじみ思った。2015/04/17

門前照二

0
シリーズ化されてるので通読したい。2010/01/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/322635

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。