岩手県世田米中学校昭和39年度卒業生たちはいま

  • ポイントキャンペーン

岩手県世田米中学校昭和39年度卒業生たちはいま

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 264p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408102221
  • NDC分類 916

目次

東京の名店「小川軒」で修業、山形で一番の洋菓子店主となったいまも日々精進の三宅健児さん(山形市)
仙台で五年間修業、家業の洋品店を継ぎ、町おこしに情熱をかたむける横沢寛さん(岩手県住田町)
岩手から十三時間、集団就職列車で大阪へ。一時は、四足のワラジをはいたこともある、いま、青春まっ盛りの主浜春枝さん(大阪市)
過疎地の小学校で「金八先生」と呼ばれ、いま故郷の小学校で教頭を務める多田茂さん(岩手県住田町)
短大卒業後、特殊学級の教師でスタート、子どもたちから生きる尊さを学んで、離婚、両親の事故死を乗り越えた千田ひろ子さん(東京都)
中学・高校、そして職場で、野球に賭けた情熱を、いま、人生を更生する人びとにそそぐ刑務官の佐々木久男さん(栃木市)〔ほか〕