名画 絶世の美女ヌード

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 127p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784404041364
  • NDC分類 723.3
  • Cコード C0070

内容説明

世界を誘惑した裸身の120人。シリーズ第二弾は、裸身の美女たち。神話や歴史に登場する名だたる美女たちをティツィアーノ、アングルらが描いた、ヌード画のオールタイム・ベスト。

目次

1 ギリシャ神話の裸婦(ダナエ;ダナエ(ダナエに扮したランジェ嬢の肖像) ほか)
2 キリスト教の裸婦(アダムとイブ;裸のイブ ほか)
3 物語と寓意画の裸婦(ルクレティア;民衆を導く自由の女神 ほか)
4 美しき裸婦(グランド・オダリスク;オランピア ほか)
5 風俗画(暮らしの中)の裸婦(鏡を見る婦人;浴室の貴婦人 ほか)

著者等紹介

平松洋[ヒラマツヒロシ]
1962年、岡山生まれ。作家、美術キュレーター。早大文卒。展覧会の企画・運営やプランニングとともに執筆活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。